多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)m誠にありがとうございました!
スポンサーリンク

第151回日商簿記3級に一発合格できました

日商簿記
この記事は約10分で読めます。

ご無沙汰しております。

昨日11月17日(日)、第153回日商簿記2級を受験してまいりました。

ひと段落したので、ブログ更新します。

スポンサーリンク

県立高校普通科卒、簿記初心者からのスタート

2018年の情報セキュリティマネジメント試験後、簿記3級の勉強を始めました。

12月~2月中旬の2か月半で合格です。

現在は試験範囲の改定後となっておりますが、それでも3級は、市販テキスト1冊+過去問題集の2冊あれば充分合格できると思います。

私が使用したのは、「スッキリわかる」のテキストと「合格トレーニング」です。

受験会場は地元の大学でした。

3級のコツは以下だと思います。

・仕訳を何度も練習する・精算表をマスターする・財務諸表をマスターする
テキストを見ながら仕訳を書いてみて、何度も練習します。
仕訳を覚えたら精算表を練習します。
最後は財務諸表です。
 
この順番で対策したのは、仕訳が書けるようにならないと精算表(決算整理仕訳)がわからないからです。
 
そして個人的な感想ですが精算表よりも、財務諸表が覚えるの難しかったです。
 
精算表の場合、勘定科目が左一列に並んでいます。
仕訳したものを移し、表を埋めると、最後の集計で左右は必ず一致するので、楽に検算ができます。
 
対して財務諸表で難しいと思ったのは資産・負債・純資産の表示位置を新たに覚えなくてはならず、とくに減価償却累計額を控除して表示すること、貸倒引当金繰入貸倒引当金の表示位置、見越し繰り延べが初学で難しいなと感じました。

3級の受験時はスッキリわかるシリーズを使用しましたが、

2級の勉強を開始してみて良さが実感できたのがパブロフシリーズでした。

パブロフシリーズは公認会計士よせだあつこ先生が執筆されていますが、解法がとてもわかりやすいテキスト問題集にとどまらず、簿記ブログYouTube動画アプリ(有料版と無料版あり)と、とても親切な先生です!

パブロフ簿記【日商簿記に合格するための勉強法】
誰でも再現できる日商簿記の解き方をわかりやすく解説したブログ。短時間で解くための下書き、受験生が苦手な分野の解説、効率的な勉強法など、簿記学習のコツを学ぶことができます。

2級の勉強時、パブロフシリーズのテキストを使ってわからないときに2回、ブログに書き込みをしたら丁寧に教えていただくこともできました。

問題演習量が不安ならTAC過去問題集をやっておけばOKです。

簿記3級で予想問題までは必要ないと思いますが、おすすめを挙げるなら「TAC出版のあてる」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました