多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)m誠にありがとうございました!
スポンサーリンク

市民図書館へ行ってきました

日常
この記事は約4分で読めます。

館内の雰囲気は静かで、落ち着いて読書できました。

館内の本や持ち込んだテキスト等を使って勉強をしてる人もいました。

あちこちに椅子が設置されており、座る場所が多めです。

経営、簿記、会計、情報通信の本も豊富に扱っていました◎

スポンサーリンク

市民図書館(せんだいメディアテーク)

※画像はせんだいメディアテークから拝借しました。

日商簿記1級を受験するにあたり、テキスト以外でも興味関心を深めたほうが良いので、積極的に図書館を利用していこうと思います。資格を取得することだけに執着すると辛いですが、多方面から知識を吸収し、実務を意識すると楽しいことに気が付きました。日商簿記1級に合格するのは大変らしいですが、毎回受験すればいつかは合格できるだろう、と取り組むことにします。

図書館へ行くと一日没頭します。昼食代は節約したい。毎回カフェを利用するのも高い。

せんだいメディアテークは、入り口付近に椅子が設置されていて、ちょっとした飲食することができます。(テーブルは無し)ゴミ箱もきちんと設置されています。

中心部にありコンビニも多いですし、利便性よいです。

この日は4時間滞在し、経理の実務に関する本を2冊読みました。

大きな会社は部門毎わかれていますが、小さな会社では経理も総務も一人でこなすこともあるんだなぁ。

元々は総務部があり、会社の規模が大きくなるにつれ経理部といった部署にわかれるのだとか。

それと社会保険、消費税、給与計算の知識が必要。

電話対応や来客対応、求人、郵便物、印鑑の知識も必要。

ビジネス文章、Excel、Wordの使い方も必要。

簿記は決算の知識身に付きますし、財務諸表の内容を勉強しますが、

簿記の勉強だけでは実務できないことがわかりました。

最近普及してきている個人事業主は、自由な働き方とも聞こえますが、

普段は自ら営業して、契約したら成果物を上げて、確定申告をする。

多忙の中、経理や税金対策まで手が回るのか?ちなみに個人事業主で成果も乏しければ税理士顧問料は高くつく。大変そう。でもやっぱり働く場所を指定せず、どこでも仕事ができる毎日の通勤が無いこの2点はかなり魅力的。。。

「管理会計論」「やばい決算書」という本も読みたかったですが夕方になり日も暮れてきたので次回にします。

書籍の検索機能が使えます↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました