多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)mサイト運営管理ができない為、SNSを利用して発信することにしました。このサイトにある私のプロフィールから飛べるようにしました。ありがとうございました!
スポンサーリンク

夜勤のその後と、夜勤者の欲求

思うことなど
この記事は約2分で読めます。

夜勤7日間を経て、すっかり短時間睡眠が身に付きました。

夜勤アルバイト中は、日中は家族の生活音があるので、寝ても2~3時間おきに目が覚め、

短時間睡眠を繰り返しながら、夕方までの合計睡眠時間が5~6時間になるように寝る生活でした。

夜勤が終了した後も、習慣がなかなか抜けず、3時間寝てはいったん目が覚めて、また寝るというような・・感じです。

たぶん

あと一週間もすれば元に戻ると思いますが!

もし夜勤を専業としてやろうというものなら、一人暮らしがいいです。そうでないと、自分も家族もお互いに大変です。

広い家に住み、自分の部屋が独立していれば

問題ないと思われますが

狭い家で、夜と昼が反対の両者はなかなかきついものがあります。

こちらは昼間、寝たいので音を立てないように!といい、

家族は定年しているので毎日家にいて、日中に行動するので

寝てる人に合わせれば行動がどうしても制限されますものね。

誰かと同じ家で暮らすのは常に、制限されること、だと思いますが、夜勤するなら一人暮らし推奨ですね。

あと今回すごく思ったのが、夜勤中は、

夜寝たい」という欲求に駆られることです。

なんだ、非番もあるのだから、休みの日に夜寝ればいいじゃないか、って思いますよね。

でもそう簡単でもないんです。

今晩休みでも、翌日の調整があるので、私は非番の夜でもあえて生活リズムは戻さず、出勤の日と同様に起きていました。

そして翌日の日中は寝て、夜に出勤してました。

非番の夜寝て、翌日の昼も夕方まで寝ていればいいですが、連続でそんなに寝れない(笑)

だからって出勤日の日中起きていると、夜勤時もたないし・・

こんな感じで、夜勤者は調整しないといけないので、大変だな~と思いました。

夜寝たい欲求がでます。

こんな感じで、もし私が夜勤専業になれば、夜寝ることはずっと無いだろうと思います。

あと日光に当たらないので、心身の健康が心配だと思いました。

もちろん個人の性格によるところ、生活環境によるところがかなりあると思うので、人それぞれだと思いますが(^O^)

もし、話しわかるよ~って方がいてくれたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました