多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)m誠にありがとうございました!
スポンサーリンク

インフルエンザA型に感染してました

日常
この記事は約3分で読めます。

1/28日朝、熱を測ると再び38.0

市販薬を飲むと一時は熱下がるものの、3日続けて38℃超え、この日の朝は喉がすごく痛かった。。。水を飲むのも痛いし、食べ物が喉を通らない(-_-;)鏡で喉を見てみると真っ赤になってました。

父は咳が酷く、一晩中咳き込んでいました。父が、かかりつけ病院で診てもらうといったので、

私も自分のかかりつけ病院へ行くことにしました。

身体が楽にならず、いつまで寝込むかと心配でした。

私と父は、それぞれの病院で診察を受けました。

スポンサーリンク

父、インフルエンザA型が判明する

先に診察が終わったのは父で、連絡が入りました。

検査の結果、インフルエンザA型に感染していた。納得・・

病院で体温を測ったとき38.0℃あったそうです。

柚子胡椒、インフルエンザA型が判明する

私は病院で体温を測ったとき39.0℃になってました。

39.0℃の世界

私もこんな高熱出したこと無いのですが・・自分が高熱出してる感覚は、あまり無いです。

身体がすごく熱いと思いそうですが、逆に、手とか冷たくなっていきました。(苦笑)

自分で顔とか触ってみても、あまり熱く感じませんでした。

常に寒気はして、鳥肌は止まらなかったです。

その後、診察に呼ばれ、かるくお叱りを受けた後、インフルエンザの検査をしました。

結果は、インフルエンザA型でした。

直ぐに、はっきりと、色濃く、結果が出たと見せてくれました。

そして「お母さんからうつったなら、お母さんもインフルエンザじゃないの?」と、先生は教えてくれました。

インフルエンザだったのかぁ。タチの悪い風邪だと連呼してた。

私も父も、病院で待つ間は、一般の患者さんとは別の部屋に隔離されました。

発症から48時間経過していましたが、インフルエンザの薬は処方されました。

母を再び、病院へ連行する

災いの発端は、はじめに母を診た病院の先生が、インフルエンザの検査もせずに風邪と診断したことだったのですが。そのとき咳止めの薬を処方されただけでした。

インフルエンザの検査をしていれば、インフルエンザとわかり、母を隔離し、家族は無事だったのです。それに母のインフルエンザは既に治っていたはずです。

今さら何を言っても仕方ないので、Google検索すると表示される病院の口コミに書いて☆1つ付けました。

柚子胡椒の静かな攻撃

帰宅後、父が母を病院へ強制連行しました。

母も頑固な人で「風邪と言われたんだから」「熱ないのだから」「インフルエンザではない」と一点張りでしたが、とりあえず検査だけでも受けてきてよと。

母、インフルエンザA型が判明する

検査の結果、インフルエンザA型が出ました。

風邪と診断した先生は「じゃぁ・・はじめからインフルエンザだったのかなぁ」と言ったそうです。

家族全員インフルエンザになりました

全員インフルエンザなので遠慮せず、生活しやすいです。

一人だけの場合は隔離する必要ありますが、全員なので普通に家を歩き回ってます。

2/1日までは外出禁止です。

食料の確保が難しいです。食欲もないけど全員が具合悪いし、買いに行けません(-_-;)

一晩経過し 本日29日

高熱は下がったので久々に入浴しました。こんなときに限ってシャワーも壊れてますがww

インフルエンザ家に招くわけにいかないので、2/1日以降じゃないとシャワーの部品交換に来てもらえないなぁ。

久々の入浴は気持ちよかったです。

早く治り、いつもの生活に戻れるといいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました