多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)m誠にありがとうございました!
スポンサーリンク

H30年6月のITパスポート試験に一発合格しました

国家資格
この記事は約8分で読めます。
ITパスポート試験は経済産業省の国家資格で、試験は随時申し込み・随時実施されています。私は仙台駅の近くの東北電子専門学校で受験しました。
 
ITパスポート試験は、ITの基本的内容を浅く広く出題される資格です。ITを利用する心得というか、社会常識に通じる内容でもあります。

私は一か月半の独学で合格しました。

私はIT初心者だったのですが、パソコン関係の資格を勉強したいと思い、ITパスポート試験という国家資格があることを知って受験しました。

ITパスポート試験は、MOSのようなパソコン操作の試験ではなく、情報を利活用する側の初歩的な知識を体系的に学べる試験でしたが、試験勉強を通じて覚えたことが後々の生活に役立っているので受験して良かったです。

上位資格に「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」「高度技術者試験」があるので、ITパスポートから段階的にステップアップしても良いですね。

私はITパスポート試験からのステップアップは、情報セキュリティマネジメント試験というのを受験しました。基本情報技術者試験は・・難しすぎて挫折しました・・

スポンサーリンク

試験範囲は広く、単元ごとの知識は浅く

ITパスポート試験の出題範囲は「テクノロジ系」「ストラテジ系」「マネジメント系」から成ります。

テクノロジ系は、理系で計算が得意な人が得意とするイメージがあります。

ストラテジ系は、企業に関係のある法律などです。私は好きでした。

マネジメント系は、作業工数とか、開発とか、管理に関することです。

ITパスポート試験の市販テキストは3つの分野が1冊のテキストにまとまっています。私も1冊だけ購入して挑みました。

問題の反復練習が大事で、無料の過去問サイトで何度も解きました。解説もちゃんと読みながら。

インターネットの無料サイトやスマホアプリが充実していますね。

過去問道場を利用させていただきました。

ITパスポート試験ドットコム
ITパスポート試験の解説No.1を目指すサイト。試験の概要・出題範囲・おすすめのテキストから過去問題の解説までITパスポートに関係している情報を発信しています。トップページで出題される過去問題を解いて理解度を確認しましょう。

テキストは、技術評論社の「試験によくでる問題集」を使用しました。

ページ左側は用語まとめ

ページ右側は練習問題

となっています。用語を覚え、直ぐに問題を解いて定着させるといった使い方が出来るので、全くの初心者からでも無理なく学習を進めることができました。私は試験によくでる問題集を5周し、内容をなるべく覚え、過去問道場でひたすら問題演習をしました。

初学者向けのテキストとしてキタミ式もお勧めです。

技術評論社の試験によくでる問題集過去問ドットコムで、1か月半で一発合格しました。

試験の形式

ITパスポート試験はパソコンを使って回答する多岐選択式です。

マークシートのような感覚です。与えられている選択肢から、正解と思うものを選んで回答します。なので、試験勉強は用語を多く覚えたほうがよいです。

試験当日も、用語の詳しい内容・深い内容は問われませんでした。いずれも基本的な内容が広く浅く出題されました。

また、過去問題の使いまわしもありました。それほど多くはありませんが、過去問で見た類似問題が多く出題されていた印象でした。

※ 私が受験した平成30年度以降、シラバスの改定があり、現在は計算やテクノロジ系の出題比率が高まったと思います。高度情報化社会の、AI進展の流れで、改定になったと思われます。

【ITパスポート試験】情報処理推進機構

ITパスポート試験の合格後

高度情報化社会においてインターネットをはじめ情報端末を使わない日はありません。私はパソコンも使ったことなかったですしITに関してかなり疎かったですが、ITパスポートの試験勉強を通じて仕組みや用語がわかるようになり、自分が生活するうえで役立つ知識でした。また、会社勤めもしたことないので組織や企業についても無知でしたが、ITパスポートの試験範囲にはそういった出題もあるので勉強になりました。(これがきっかけとなり、会計・財務に関心をもち簿記試験へと進みました)

IT資格を取得してIT企業へ就職したわけでありませんが、ITの基礎知識を勉強したほうが良いだろうと思ったことがきっかけです。全くの初心者であった私が手当たり次第に学習しようと思っても、ひとことでIT系といっても分野が広く、意味不明でした。ひとつの資格を受験してみて、そのなかで自分の興味関心のある分野を深めていく方法もひとつかなと思いました。

機械採点のため、試験結果はその場で見ることができます。

おすすめ書籍

パブロフくんと学ぶITパスポート

公認会計士よせだあつこ先生の著書です。私はITパスポート試験後の日商簿記検定の試験勉強を通じて、よせだあつこ先生を知り、リスペクトしています。

理系出身の先生で、とてもわかりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました