多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)mサイト運営管理ができない為、SNSを利用して発信することにしました。このサイトにある私のプロフィールから飛べるようにしました。ありがとうございました!
スポンサーリンク

シニア用にLINEモバイルを検討中

インターネット,端末など
この記事は約5分で読めます。

料金格安ということで以前からLINEモバイル 気になっていました。

父親のau携帯は来月が更新月のため解約の方向です。

この際みんなでLINEモバイル にしたらどうか?(`・ω・´)と思い、詳しく調べることにしました。

 

両親にもスマホデビューさせたいなぁ。LINEは操作方法がわかりやすくて、簡単に電話かけたりトークしたりできるね。

スポンサーリンク

LINEフリープランで、音声通話SIM

両親(シニア)が使うのは、

  • 音声通話を利用する
  • メールをたまに利用する

家族全員がLINEモバイルを使うと連絡手段をLINE通話LINEトークにすればいいです。

これまで使っていた有料のSMSは不要になります。

メールより、LINEトークのほうが操作が簡単かも。

外部との連絡手段用に080~、090~の電話番号は必要です。たとえば病院や、契約等の書類に電話番号が無いと困りますね。

プランを検討した結果、うちの場合は「LINEフリー」プランで、「音声通話SIM」が適切だとわかりました。

いまのところ、「10分間国内電話誰とでも何回でもかけ放題オプション」は不要かなぁ。必要があれば再検討しよう。

LINEフリーの音声通話SIM

月額1,200円から使える。

LINEフリーはLINEアプリを使った通話、トークが使い放題のプラン。

音声通話SIMはデータ通信も音声通話もできるSIMカード。SMS認証もできます。

データ容量やプランに関わらず、初月の月額基本利用料は1,200円です。

LINEアプリを使って、音声通話も必要で、SMSも使うかも?という場合はLINEフリープランの音声通話SIMが適切です。

※ データSIM(500円)、データSIM SMS付き(620円)のプランでは、音声通話が不可なので注意が必要です。

※ データSIM(500円)は、データ通信のみできるプランです。SMSは不可です。

データ容量1Gとは具体的に

テキストメール(300文字)
約66,000回
ホームページ(300KB)
約3,300回
YouTube(360P)約4MB
約4時間

元々インターネットは使わないので、余る程です。

音声通話SIMの通話料金について

LINEモバイルはお互いにLINE通話アプリだと無料ですが、

相手がLINE通話をしない場合は080~や090~、固定電話に掛けると普通に料金がかかります。

通話料は通話先が携帯電話の場合は30秒10円(免税)、通話先が固定電話の場合は30秒10円(税込)です。

通話アプリ「いつでも電話」で通話料金を半額に

LINEモバイル 音声通話SIMを利用中なら、「いつでも電話」アプリをインストールするだけでいつでも利用開始できる。申し込み手続き不要。

通話アプリ「いつでも電話」からの発信で、通常20円/30秒の通話料が半額の10円/30秒で使用できる。
月額利用料0円。使った分の通話料のみの支払い。

通話先が携帯電話の場合は30秒10円(免税)、通話先が固定電話の場合は30秒10円(税込)

緊急通報(110番、118番、119番)やフリーダイヤル、ナビダイヤル(0570)など、一部発信できない番号帯があり

通話アプリ「いつでも電話」を利用すると、通話先が携帯電話の場合は「0063」、通話先が固定電話の場合は「006751」が自動付与される。

家族同士の通話はLINEアプリを使い、080や090や固定電話に

掛けるときは「いつでも電話」アプリを使えば節約できるのね。

10分以内かけ放題オプション

月額880円

別途申し込みが必要。

通話アプリ「いつでも電話」を使うと、
だれとでも何度でも10分以内の電話がかけ放題になります。

{10分以内の国内通話が
回数無制限でご利用可能。}

 

通話アプリ「いつでも電話」と10分電話かけ放題オプションが利用できるのは、LINEモバイルの音声通話SIMを挿した端末からの発信のみ。

10分電話かけ放題オプションのご利用には、オプションのお申し込みと通話アプリ「いつでも電話」からの発信が必要です。通話アプリ「いつでも電話」をインストールしただけでは10分電話かけ放題は適用されません。

ちなみにかけ放題オプションを付けても、月額は安く済みます。

※ 月額料金の内訳(1ヶ月分)2,080円(端末ローンを含まない)

LINEフリー/1GB/音声通話SIM:月額1,200円

10分電話かけ放題:月額880円

 

初期費用はいくら
・ウェブ登録事務手数料 3,000円 ・SIMカード発行手数料 400円
※ 転出費用は別途。
 
同一世帯でLINEモバイルを複数台契約したい
LINEモバイル は同一世帯で最大5回線まで契約できます。
一度に申し込みできる回線数は1回線のみ。
 
私は自分の名義で、家族のを含む4回線を契約したいと思って調べました。
 

まず初めにLINEモバイル申し込みをして1台を契約します。

2台、3台と契約する場合は、すでにLINEモバイル を利用されている方は、マイページ(ウェブ)「各種手続き」>「追加申込」からお手続きすると、2契約目以降のウェブ登録事務手数料(通常3,000円⋅税抜)がお得になる、とのことでした。2契約目以降は、SIMカード発行手数料のみで済むのですね。

選べる回線
  • ソフトバンク
  • au
  • docomo

LINEモバイルはソフトバンクの合同子会社。ソフトバンク回線がおすすめ。

 
支払方法
  • クレジットカード決済
  • LINE Payカード決済
  • LINE Pay決済

LINE Payで決済できるなんて斬新ですね。よく利用するLINEポイントが貯まるのは魅力ですね。

クレジットカード決済

  • クレジットカードを持っている人
  • クレジットカードのポイントを貯めている人

Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)のほか、日本国内の各種クレジットカード会社発行のクレジットカードが使える。

デビットカードは不可。

LINE Payカード

  • クレジットカードを持っていない
  • LINE Pay残高から引き落とししたい人
  • 銀行口座引き落としをしたい人
  • LINEポイントを貯めている人

入会費・年会費無料

1P=1円で使える。

LINE Payカードの銀行口座引き落としが可能。

請求日(毎月5日頃)の前にチャージが必要

LINE Pay

  • 普段からLINE Payを利用している人
  • LINE Pay カードを持っていない人

クレジットカードを登録する必要がある
登録したクレジットカードから引き落とされる

  • ①LINEでお金を送ることができる
  • ②お金の出し入れが発生すると、LINEで通知が届く
  • ③LINEで利用履歴が見られる
  • ④全国の加盟店でお買いものができる

どうせならLINEポイント貯まったほうがいい。

スマホカバー館.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました