簿記の受験生

柚子胡椒ブログ

雑記

アラサーニートは人生詰む?

更新日:

昨夜この記事を見ていて思ったこと

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00937077-jspa-life&p=2

自分もこの人と似てると思います。

「自分が一番輝いていた時代」で死んでおけば良かったとまで思いませんが、ここまで追い詰められてしまうことは共感できるものがあります。

まず、私も地元ではそこそこでしたが、進学校へ進んだら落ちこぼれのパターンでした。

この人と違うことはモテたりチヤホヤといったことはなく、逆に地元ではいじめられていました。

ガリ勉キャラがいじられてを越していじめられて。

あの、普通に真面目な社会や、進学校の中では勉強できるとカッコイイですが、

バカしかいない中では勉強ができると逆にバカにされてました。(地元)

それだけが原因でなく、暗い背景とかあったかもしれませんが、この人と違っていじめられていたんですね。で、高校デビューしました。

高校デビューとは、著しく自分の見た目を変えることです。

記事にあるように高校、大学でも同じですね

地元では天才が、

郷の中では平凡になり、

或いは落ちこぼれになり、

郷の中でも秀でた一部だけが真の天才

ということですね。

 

私が世間知らずなだけかもしれないですが、アラサーはまだ若いので、諦めるのはまだ全然、早いと思います。

アラサーで諦める必要、無しですね。

アラサーといえば同世代が管理職になる頃かもしれませんが、そこは遅咲きの人もいるし、自分のタイミングもあるしと割り切っています。

もう、底辺を経験したら割り切らないと進まないこともあります。

よく言われるのが、底辺を経験したら後は上がるばかり。という言葉。

まんざらでもなさそうです。

 

今や平均寿命が伸びて、65歳定年制度は消えつつある

きっと自分たちの頃には70を過ぎても働くだろうし、健康ならば80過ぎても働いていると思う。

アラサーなんてまだ人生の序の口…

今から働いても

あと40年も50年も働くのですよ。

今までの人生よりも、これからの人生が長い。まだまだそんな歳です。

インターネットで誰かが書いた記事では「アラサーニートはやばい」「アラサーニートは終わっている」「アラサーニート人生詰む」「アラサー職歴無し人生どん底」とかたくさん見てきましたし、

社会の評価も最悪のところからスタートしていかなければなりませんが。

けして諦める必要はない

長い人生なので色々あってそれが普通だと思う

コンスタントに決まりよく物事が進む人と、そうでない人

メンタル、性格にも個人差。

自分がやる気になったときがスタートだと思っています。

今までの道すじ、経歴など気にしていたらアラサーニートやそれを越えて職歴無しは、本当に息が詰まるから。

18で学校を卒業して、直ぐに自分決めれなくて、それぞれの事情で働かなくて、アラサーになったらもう人生終わりで行く末ホームレス決定とかいうのは、いくら現実でも残酷過ぎますね。

今やTwitterやFacebookでなんでも見れちゃうから

興味本位で旧友のアカウント見てショック受けたこともあり

これ以後は、見ないようにしました。w

私は入退院で具合い悪かった時期なこともありましたが、成人式は行ってません。

たしかに昔の友だちと会うと、今の自分と比べて惨めな気持ちにしかなりませんから。わかっていたので行きませんでした。

 

ニートを経験しようが、定職に付いたことが無かろうが、そのときその人の状態が良ければどんどん採用してもらえるようなら良いな、と願うし、

自分も努力もしないとダメなので

なんでもいいからコツコツ頑張ろうと思う。

生き生きしてやる気に満ちていれば、下の下でも、底辺の仕事でもなんでも拾ってもらえる可能性はあるのではないだろうか。

何歴でもなく、そのときの状態、そのときの自分で勝負していこう

常に自分磨きはしよう

自分が前を向いて明るくなったらきっと人生も前に進むよね.

 

あと、いまの自分を包み隠さず公開することも大事かな~と最近思うようになりました。

せっかくアドバイスくれる人がいても、自分のことを隠してたら的外れなアドバイスになっちゃうし

それは相手に対して失礼だし、自分としても成長できるチャンスを逃して勿体無いですね.

 

-雑記
-

Copyright© 柚子胡椒ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.