多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)m誠にありがとうございました!
スポンサーリンク

年賀状アルバイト初日

日常
この記事は約2分で読めます。

夜中22時って、地元ではほとんど人が歩いていないけど、駅に行ったらビジネスマンや仕事帰りの方がたくさん歩いてるのね~!

夜道は物騒だし暗いし、どうよ~と不安でしたが、不安は初日で吹っ飛びました。

郵便局がある場所も中心部なので、深夜といっても人が普通に行き来しているので安心しました。店の灯りや、電灯もたくさん~!全然暗くないです。

久しぶりに、深夜に家を出て、朝帰りをしましたが、以前と違って感慨深く思いました。

なにが感慨深いかって、日が落ちて暗くなった景色と、日が昇ってまた朝が来た景色を見て、地球って回ってるんだな~と実感しました。

夜、帰路につく会社員の人々を見たと思えば、約8時間後に、出勤する会社員の通勤ラッシュに混ざったわけです。

あ~回ってるんだなぁ。自分たちってこうやって毎日生活してるんだなぁ。夜が来て朝が来ての繰り返しなんだなぁ。。ジーンとなんか、感慨深く思いました。

普段は、夜は家で寝るので、深夜-朝までの時間は気絶してますからね。外に出て見るってことないのです。

夜出歩くなんて今は滅多に無いですが、いい経験をしました。

人の動きを客観的に見たら、昨日の自分より、時間を大切に使えるようになりそうです。

若いときは遊ぶことに夢中だったか、こんなこと感じもしませんでしたが、人って年月経過とともに変わることがあるんですね。とくに感受性とかそうかもしれませんね。

郵便局の年賀アルバイトは、初日でした。戸惑いの気持ちありましたが、作業は全て教えてもらえますし、職員の方も一緒に作業をしていらっしゃるので、不安は吹っ飛んで、順調に作業できました。

同じ作業をずっとするのかと思いきや、初日は3か所くらいの作業をしました。

わからないことは、その場で聞くようにすることを、気を付けました。

わからないまま適当に作業進めてしまっては、後の工程で誰かが手直し必要になると思います。自分がした作業に誤りがあった場合は、誰かが必ず直しをしなくてはいけなくなり、さらにご迷惑をかけてしまうので、わからないまま進めず、確認するようにしていました。

仕事をしていると、時間があっという間に過ぎていきますね。

いつの間にか朝の終業時刻になっていました。

テンションハイになっているためか、睡眠不足でも眠気も疲れも感じませんが、しっかり寝て休んで次に備えましょ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました