多忙の為、6月5日をもって閉鎖しますm(__)mサイト運営管理ができない為、SNSを利用して発信することにしました。このサイトにある私のプロフィールから飛べるようにしました。ありがとうございました!
スポンサーリンク

明後日は秘書検定です

秘書技能検定試験
この記事は約7分で読めます。

いよいよ明後日になりました。秘書検定です。

明後日が終われば秘書検定の勉強から解放される。

午前中に3級、午後から2級の試験が実施されます。

秘書検定の勉強方法は、何をしたらいいかわからず毎日手探りでした。

①とりあえず市販テキストを購入して繰り返した。

②市販の実問題集を購入して繰り返した。

③無料サイトやアプリを探して問題練習をした

④マナーに関する本を図書館で数冊読んだ。←初見問題に対応するため。

⑤やること無いなぁ。。。←今ここ

スポンサーリンク

秘書検定は過去問のつかいまわしなのか?

毎年のように会計基準が変わる簿記検定は、その変更にともなって試験範囲が変わりますね。

IPAの情報処理技術者試験も時代背景に合わせて試験範囲が変わっていきます。最近だとAIの飛躍にともなって計算問題が以前より増えたとか。

秘書検定は、そんなに頻繁にかわるものなのでしょうか?滅多に変わるものではないとしても、近年は秘書の在り方も変わってきている気がしますが。OA、進んでいます。以前よりファックス使われなくなっているんじゃないでしょうか?

最近「在宅秘書」のような仕事も見かけます。在宅秘書ってなにをするんでしょうか。スケジュール管理や事務処理などはスマホやパソコンを使って自分でやったほうが早い気もしますね。そのうち電話の性能もアップしてくる気がします。わざわざ秘書が取り次がなくても。エレベーターガール、昔は当たり前だったかもしれませんが、今はいなくなりました。

秘書の仕事に関わることも、まさに今変わっている気がします。

社会人として基本的な心得や、上司との関わり方、気の遣い方などの変わらない部分

事務オフィス用品などの変わっていく部分

秘書検定には二面あるような気がしています。

では明後日の試験はどうなのでしょう。

117回では難しい出題があったようです

秘書検定、これまでやってきた簿記検定と比べたらあっさり受かりそうだなぁ。という気もしましたが、調べてみると3回前は難易度の高めな試験回だったようです。

過去問のレベルより難しかった

というTwitterを見ました。問題を入手したかったですがインターネット上で見つからず。私が使っている問題集も第116回までしか掲載されていませんので、第117回がどんな問題だったか非常に気になってます。。。

第118回、第119回の過去問も気になる。。できれば見たいけど探しても無い。。(;´д`)トホホ

出典:受験者状況

もう明後日なんだけど、余裕かましてると痛い目に遭いそうだから最後まで勉強粘らないと。今日をいれて後2日半やれば当分サヨナラできるのだし。

実問題集には、過去問題6回分が収録されていますが、2巡くらいすると問題と解答を覚えてしまうので、それ以後は何度繰り返しても時間の無駄な感じがしています。

決まった問題と解答のセットで暗記してるだけで、初見問題が解けるかは別の話だから。

第111回、第112回、第113回、第114回、第115回、第116回の過去問が収録されています。

過去問を解いた後は「基礎」を身に付ける

基礎を頭に落とし込むには、テキストを眺めるのが効果的な気がしますね。

秘書検定のような暗記科目では。秘書検定は、暗記です。

決まったパターン、用語の暗記。

秘書検定にでてくる基礎は、ある一定の法則のようなものがわかると5つの選択肢の中から正解がわかるようになる気がします。

「自分が正解だと思う答えを選ぶ」ではなく、あくまで主人公は「秘書A 子」

秘書A子がどの行動をしたら正しいのか、または間違いなのかを選ぶのですがその選ぶ際の基準となる考え方は

テキストに書いてあるんです。だからテキストを何週もして秘書検定の理屈を自分の頭に落とし込む 理解できるまで落とし込んでいると、初見問題も解けるんじゃないかな~

というのが私のここまでの考えです。こうした結果、合格できるか不合格となるかは明後日の試験を受けて自己採点するまでわかりませんね。ゲーム解くみたいで楽しみにしている自分もいます。

本番の楽しみ要素

①秘書検定の受験者は若い女性が多いらしいけど、実際どうなのか。

②本番は心理テストに〇を付けるくらいの感覚で初見問題も楽しみたい。

③もう、受験代金4,100円を支払ったことは忘れて、早く秘書検定から解放されたい。

11月後半から約2か月間、秘書検定の勉強をした感想

秘書検定の勉強はハッキリ言って暇でした。暗記しておしまい。

途中インフルエンザになったり、やる日やらない日がまばらだったり、夜勤の休憩時間を使って覚えたり、休み休み勉強していたので、2か月も集中していません。

記述式にグラフ作成問題が出題されることがあり、グラフの書き方をわかっていないとできないので、それは時間をとって練習しました。

記述式は、漢字で書けるかどうかも大事なので、用語は頭に浮かぶんだけど、漢字がわからなくて書けない、ということがないように練習する必要もあります。

それ以外は、テキストで確認後、無料サイトや過去問アプリを使って問題練習を繰り返しているうちに覚えていくので、ひたすら問題やったほうがいいです。

テキスト → 過去問 → 問題練習 →たまにテキスト →問題練習

過去問と同様、無料サイトもアプリも、1度や2度、問題を解くと秘書検定の問題は覚えてしまうと思うので、時間があまって暇になってきます。

秘書検定2級は、3級の内容が頭にはいっていること前提だと思うので、秘書検定2級から受験するなら、余裕があれば3級のテキストも見ておくと合格率上がると思います。

グラフ作成の練習 → 見慣れない用語を覚える → 漢字の練習

秘書検定2級は、ぶっちゃけどの程度の期間で合格ラインに到達すると思うか

私の平凡な頭では

1日2-3時間勉強できるなら2週間くらい。

1日1時間くらい勉強できるなら1か月をみておくと充分かなと思いました。

初受験で、3級を飛ばしていきなり2級から受験する場合
試験当日まで2か月以上あるなら、社会人経験があるならいきなり準1級からでいいと思います。
ちなみに書店で準1級のテキストを確認したら、分厚いテキストになってました。覚える用語は倍近くありました。
1次試験の合格者は2次試験で面接もあります。
私は今回、時間の余裕があったので2級も飛ばして準1級から受験しようか考えたこともありますが、面接対策までできるか不明だったので大人しく2級にとどまった経緯がありました。
筆記試験だけなら準1級から受験しました。
面接試験の内容は、ざっくり調べた感じだと、直前に紙のメモを暗記して、面接官の前で秘書っぽく話すらしいです。スーツ着用必須。
 
秘書検定2級止まりだと中途半端なので、準1級、1級まで受けてみたいと思ってます。
まず日商簿記1級の合格後に、再挑戦するつもりです。それまでいったん秘書検定はお休みします。
 

あと二日半、やるか~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました